津市の整体院「整体plus」 これまでの整体のイメージにとらわれず、本当の原因を追究していく施術による体の変化を体感してください。頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、ぎっくり腰、ヘルニア、顎関節症、その他の痛み、しびれなど。(日曜営業、当日予約、子連れOKです!)

 ぎっくり腰 

整体plusの考える「ぎっくり腰」

ほんの些細なことで…

ぎっくり腰というと、何か重たい物でも持ち上げたときに「ギクッ!」なんていうイメージですが、当院に来られる方々の多くは、ほんの些細なことをきっかけにしてギックリ腰になられています。

やっぱり、本当の原因は、それまでの積み重ねなんですよね。

じわりじわりと疲労が溜り、筋肉は固くなり、骨格は歪み、特にそんな状況に内臓疲労や冷えが加わると…。

ぎっくり腰は、クセになる?

ぎっくり腰は、何度も繰り返す」というがあります。

整体plusに来られた方の中には「数か月に一回は…。」「毎年、この時期になると…。」なんていう方もおられますね。

そのような方々には、ある特徴があります。

それは、ぎっくり腰のアフターケアをしっかりしてこなかった!ということです。

ぎっくり腰の痛みは、数日安静にしていれ引いていきます。

しかし、そこからが大事なのです。

痛みがなくなったからといって、骨格の歪みや筋肉のクセを改善しないまま生活に戻ってしまっては、また次のぎっくり腰に向かって歩きはじめたようなものです。

一度、しっかりと整体などで体の手入れをしてリセットしておく必要があるのです。

早い対処が、早い回復につながります。

もし、ぎっくり腰になってしまった場合は「まだ、これぐらいなら大丈夫」などと思わずに、できるだけ早く対処するようにしてください。

そこで無理をして動いていると、症状は悪化の一途です。

安静にできそうであれば、安静にしてください。

座った状態でも、寝た状態でもいいので、少しでも楽になる体勢、姿勢でいることが大切です。

整体を受けて骨格を正しておくと、さらに回復は早まります。

その際、注意事項としては整体といっても様々です。ぎっくり腰の場合は筋肉を傷めている可能性もありますから、腰の筋肉を強く押したり揉んだりするようなタイプの整体は控えたほうがいいと思われます。かえって、痛めてしまうことも考えられるからです。

症例

以下の内容は、症例のブログより抜粋したものです。

Yさん(30代・女性)

4日前、ぎっくり腰だそうです。

それから症状に変化なく痛い状態が続くということでご家族の紹介で来院されました。

確かに、来院されたときは痛みのため前傾姿勢になり、歩くのも痛そうです。

「Yさん、4日前までは何ともなかったんですか?」

前々から、腰の調子はちょっと良くなかんたんです。

ぎっくり腰も、基本的には慢性腰痛の延長線上にあります。なので、どちらの施術もバランスを整えることは同じなんですが、ちょっとポイントが違うんですね。

ぎっくり腰の場合、筋肉を痛めているかもしれないので負担をかけないように、普通の腰痛の方への施術に比べても特に痛い箇所には触れないようにして施術を進めていきます。無理をしないことが大切です。

また、ぎっくり腰の場合はバランスを整えただけでは不十分なときが多く、骨盤を締めなければいけません。

昔から「腰が抜ける」と表現するぐらいですから、ぎっくり腰は腰にチカラが入らなくなっています。

そこで、骨盤をしっかり締まると腰にチカラが入ってきます

そして、Yさんも施術後は、まだ多少の痛みはありつつも背筋も伸びてスタスタと足取り軽く帰られました。

痛いときは、何より無理をしないことです。でも、ジッとしてても痛いまま…。

そんなとき、体のバランスを整えるとグッと快復が早まりますよ


その他、ぎっくり腰に関して、ご相談やご質問ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

整体なら”とことん結果にこだわる整体院”、三重県津市の整体plusへ!

TEL : 059-227-2239

あなたからのお電話を、お待ちしております。




a:1703 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional