津市の整体院「整体plus」 これまでの整体のイメージにとらわれず、本当の原因を追究していく施術による体の変化を体感してください。頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、ぎっくり腰、ヘルニア、顎関節症、その他の痛み、しびれなど。(日曜営業、当日予約、子連れOKです!)

 ヘルニア、狭窄症 

ヘルニア、狭窄症

どういうこと!?

ある研究結果によると、腰痛などの症状がない健康な人たちを集めて検査をしてみたところ、なんと!そのうちの76%の人たちにヘルニアヘルニアの兆候、何らかの骨の変形が見つかったんだそうです。(以前、テレビでもやってましたね。)

これは、何を意味しているのでしょうか?

例えば、当院にも頸椎ヘルニアであれば首・背中の痛み腕、手のシビレ腰椎ヘルニアであれば腰痛坐骨神経痛などを症状として訴えて来院されます。

しかし、当院では特別な施術をするわけではありません。

ヘルニアや狭窄症を、特異な状態とは考えず、身体のバランスが崩れたことによる結果でしかないと考えているからです。

それでも実際、施術の中で身体のバランスを整えていくと、痛みやシビレが瞬間的に「パッ」と改善されることがあります。

また、ある体勢をとるだけでも「パッ」と痛みやシビレが消失することがあります。

これは何を意味しているのでしょうか?

ヘルニアや狭窄症が「パッ」と治ってしまったのでしょうか?

そのように考えるには、少しばかり無理があるように思います。

ヘルニアや狭窄症が、原因の全てではありません。

整体plusでは、「痛み、しびれ」と「ヘルニアや狭窄症」は必ずしも因果関係にない!と考えています。

ですから、基本的には「身体のバランスを整える」ことを中心にして行い、ヘルニアや狭窄があるからといって特別な施術は行わないのです。

ヘルニアや狭窄のある部位に負担のかかっていた身体のバランスを整え、作り変え、体の治癒力が最大限に発揮される環境を整えることを目的としています。

それが結果的には、ヘルニアや狭窄症の治癒にもつながっていくと考えています。

もともと整体plusでは、どのような症状であっても、より根本的な改善をモットーにしております。そのため、症状のある部位には触れずに離れた部位や、症状の原因になっていると考えられる部位から調整していきます。( 整体plusのこと 

首や腰を、直接押したり、ひねったりするようなことはありませんので、そういった点でも安心して施術を受けていただけると思います。


これらは臨床経験から得られた個人的な見解です。

また、症状として排尿障害運動麻痺などがあらわれている場合は、早急な医療機関での受診をお勧めします。

症例

以下の内容は、症例ブログより抜粋したものです。

Sさん(20代・女性)

一週間前から、立ってられないぐらいの腰痛で、病院へ行ったら「腰椎ヘルニア」と診断されたそうです。

Sさん、病院で「なんで私、ヘルニアになったんですか?」って聞いたら「10人に1人ぐらい、そうゆう腰のひとがいるんです。」て、言われたそうです…。

で、ぼくにも「先生、そういうもんなんですか?」って聞くのです。

「え!そんなん聞いたことないし…。」

言葉がありませんでした。

痛みで、まっすぐ立てないSさん。

チョンチョンチョンと骨盤と腰椎を調整し、さらに全身のバランスを整えるため首、顎関節、頭蓋骨を調整しました。

「Sさん、いいよ。ちょっと立ってみてー。」

「あ…、痛くないですー!先生、凄いー!ゴッドハンドや!」

「よかったね。10人に1人ぐらいは、こういうことがあるんです。笑」

言葉のチカラって、恐いです。

もうSさん、一生このまま痛いままだとあきらめかけてました。

私の腰は、そういう腰なんだ…と。

ま、何にしても、楽になってよかったよかった!

Tさん(50代・男性)

腰痛の首の痛みにお困りのようで、職場の方にご紹介いただき来院されました。

頸椎ヘルニア腰椎ヘルニアどちらもあるそうです。

首は動かすときに痛く、腰は常に痛みがある状態でした。

こんなときこそ、ヘルニアのある首と腰には触れずに、足首や手首、アゴ、頭蓋骨を調整していくことで全身のバランスを整えていきます。

その結果、施術後には首の痛みも腰も痛みも消失。

最初、無口だったTさんもニコニコでした。

まずは、何より安全であること!

40代/男性/会社員

中学生の頃から腰痛。10年前にヘルニアと診断され、手術を受ける。右脚にあったシビレは良くなったが、その後も腰の痛みは残っているという状態でした。

検査してみると、右の股関節左の足首に問題がありそうです。

ご本人には、日常生活で痛むなどの自覚はありませんでしたが、腰への影響を説明し、この2箇所の状態を目安に施術を進めました。

結果、腰の痛みは消失しました。

こういったケースって、スゴく多いです。

腰に原因がないんですから、腰を手術しても、腰を治療しても治るはずがありません

一時的に改善することはあるかもしれませんが、また同じように症状の再発を繰り返します。

腰に限らず、特にヘルニア、狭窄、損傷、炎症などの診断が付くと、その部分に原因があるものと思い込んでしまうんですよねー。

大切なのは、全身との関係性

例えば、指一本、ぜんぜん関係なさそうなところの小さな歪みが、全身に大きく影響していることだってあるんですから。

60代/女性/主婦

2年前から、痛くなったり痛くなくなったりを繰り返していたが、半年前から痛みが続くので病院へ。脊柱管狭窄症との診断を受けて、半年通院しているが良くならないとのことで、ご友人の紹介で来院されました。

立っているだけで、常に左側のお尻から膝裏にかけて痛みがあり、仰向けで寝ていても同様の状態。お尻を持ち上げようとすると強い痛みがあるので、寝返りも困難です。

検査してみると、骨盤の歪みと、左股関節の運動制限が顕著でした。

骨盤にもいくつかの関節がありますが、恥骨結合部を矯正すると、左股関節の運動制限は改善されました。

これで、内腿の筋肉の機能が正常になりました。

また、仙腸関節を矯正することで、寝返りもスムーズに行えるようになりました。

これで、お尻の筋肉の機能が正常になりました。

おおまかな印象で言うならば、巷でよく言われるところの「骨盤の開き」が進行し、固定化されたような状態でした。

本日、初回でしたが、全体的に7割程度の改善でした。

次回までの経過次第ではありますが、4~5回の施術を一区切りとして考えています。

ヘルニアや狭窄があっても、痛みの原因は、骨盤や股関節などの他の部位にあるということが少なくありません。

ヘルニアや狭窄の原因でもある全身のバランスの崩れや、骨格の歪みを改善することが、そのまま無理のない症状の改善にも繋がります


その他、ヘルニア、狭窄などに関しまして、ご相談やご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL : 059-227-2239
mail : seitai-plus@lake.ocn.ne.jp

a:828 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional