津市の整体院「整体plus」 これまでの整体のイメージにとらわれず、本当の原因を追究していく施術による体の変化を体感してください。頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、ぎっくり腰、ヘルニア、顎関節症、その他の痛み、しびれなど。(日曜営業、当日予約、子連れOKです!)

 姿勢と噛み癖 

整体plusの考える、姿勢と噛み癖 

あなたは、片側ばかりで噛んでいませんか?

顎関節症のような顎関節のトラブルであったり、お顔の歪みの原因のひとつとして「噛みグセ」というのがあげられます。


つまり、食事のときに右か左か、いつも片側ばかりで噛んいる


片噛みのことです。


実は、これが全身と密接に関係しているのです。


では、チェック!

口の中には何も入れなくても大丈夫なので、左右交互に喰いしばってみてください。


いかがですか?


右と左、同じように喰いしばれましたか?


左右で喰いしばった感じが違ったら、片噛みの癖があるかもしれませんので、食事のときに、ちょっと注意してみてください。


 顎関節症 )( 顔の歪み 

片側ばかりで噛んでしまう理由は?

もちろん、虫歯で歯が痛かったり、その治療中で意識的に片側ばかりで噛んでいるというケースもあるでしょうが、多くの場合は無意識です。


当院へ来られる方々にも聞くのですが、皆さん「んー、なんとなく(笑)」って感じです。


そうなんです。


なんとなく、そっちで噛むと噛みやすいから、そっちばかりで噛むようになってしまうんですよねー。

(逆側だと噛みにくいだけでなく、口の中を噛んでしまうという方もみえます…。)


この左右の噛みやすさの違いは、どこから来るのでしょうか?


ひとつには、歯列の問題もあると思います。(そんなときは、歯医者さんにご相談を。)


が、しかし、当院では、その多くが姿勢によるものであると考えています。


悪い姿勢、左右アンバランスな姿勢では、左右同じようには噛めないんです。


誰かと話しながら、テレビを観ながら…、どちらかばかりに顔を向けて、体を向けて食事をしていませんか?

脚を組んだり、横に流して座ったままで食事をしていませんか?

などなど。


噛み癖の多くは、その方の生活環境食事習慣により作られていきます。


特に、幼少期の食事習慣は、とってもとっても大事です!


このような片噛みの癖、それに伴った姿勢の歪みが、顎関節症や顔の歪みだけでなく、積もり積もって様々な慢性的な症状や、体調不良の原因となってしまっていることが多々あります。

気がついたところから、少しずつ直していきましょう!


その他、姿勢や噛み癖のことに関して、ご相談やご質問ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

整体なら”とことん結果にこだわる整体院”、三重県津市の整体plusへ!

TEL : 059-227-2239

あなたからのお電話を、お待ちしております。




a:1444 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional